Ameba占い館SATORI
【2021年運勢】エレメント別でみる12星座占い総合運勢をご紹介【無料】

【2021年運勢】エレメント別でみる12星座占い総合運勢をご紹介【無料】

2020.11.19
  • シェア用Facebookアイコン
  • シェア用Twitterアイコン
  • シェア用Lineアイコン

波乱の2020年もいよいよ終わり、2021年は良い年にしたいなと思う方もいるのではないでしょうか。今回は星座占いの観点から、イケメン占い師として人気の脇田尚揮(わきたなおき)先生に、エレメント別で鑑定していただきました。あなたの星座が属するエレメントの2021年総合運勢をぜひチェックしてみてくださいね。

今年はさまざまな出来事が世間を騒がせました。苦労した人も少なくないでしょう。でも、残すところ2021年もあとわずか。これからの新しい1年がどのようなものか気になっているはず。西洋占星術から、来年の運勢をチェックしてみてはいかがでしょう。そこで今回は、12星座エレメントから「2021年の総合運」をご紹介いたします。
まずは星座からエレメントをチェック!

■火のエレメントの2021年の運勢

牡羊座・獅子座・射手座

火のエレメントにとって2021年前半は、自分の居場所や愛情の対象が欲しくなるシーズン。ハートの熱いあなたにとって、自分がのめり込めるものを見つけることが日々の満足度へと繋がるでしょう。でも2021年後半が近づくにつれ、だんだんと熱量が低くなり火が消えたようにモチベーションも下がりがち。周囲に何かを求めるよりも、自分と向き合って内奥にある目的意識に着火しなくてはいけません。もしかすると、それはあなた自身のルーツであったり、ご先祖から受け継いだものや血筋といったものかもしれません。4月は恋愛運が好調。でもその分、気が多くなりがちなのでターゲットは絞り込むことをお勧めします。9月における仕事面でのピンチは、のちのちにチャンスへと変えていけます。腐らずに全力を出し切ることが開運の秘訣です。

■土のエレメントの2021年の運勢

牡牛座・乙女座・山羊座

土のエレメントは、2021年の前半こそデリケートになってしまい、対人関係における疲れが出てくるかもしれません。でも裏を返すと、感受性が豊かになっているため、自分の中の芸術性や感性を形にしていく上では最高のシーズン。2021年後半になると、自分にしかできないことを徹底的に磨いていけるでしょう。いつしか誰よりも突出したものを身につけられるはず。あれもこれもとチャレンジすると、中途半端で終わってしまいがちなので「これだ!」と思える目標にエネルギーを注ぎ込むと吉です。5月は恋に白黒ハッキリつけるべきとき。ズルズルと腐れ縁を引きずっているときは、スッパリ清算しましょう。次の新たな出会いが見つかるはずです。10月の仕事運は2021年で最高潮! 遠慮せず自分の能力を発揮してみて下さい。ビジネスにいいご縁がありそうなので、副業を始めるのもアリ。

■風のエレメントの2021年の運勢

双子座・天秤座・水瓶座

風のエレメントのあなたは、2021年前半はかなりの強運期。願っていたチャンスが舞い込んできたり、運命の人に出会ったりしそうな予感が。でも、ぼんやりしているとせっかくの好機を逃してしまいます。待つだけではなく、自分から攻めの姿勢でアクションを起こしていきましょう。2021年後半になると、上手くいっていたことにも陰りが見え始めます。やりたくないことやできないことには、ムリに取り組む必要はありません。多少ワガママかな? と思えるくらいのスタンスがちょうどいいでしょう。周囲に合わせていると、振り回されて損をしてしまいがちに。3月の恋模様はまさにバラ色。パートナーの要る人もそうでない人も、愛情あふれるシーズンです。告白なども吉。8月の仕事運はやや低迷。効率化をはかりましょう。リモートワークを取り入れられるなら、積極的に活かしていきましょう。

■水のエレメントの2021年の運勢

蟹座・蠍座・魚座

水のエレメントのあなたにとって、2021年前半は少しもどかしいシーズンかもしれません。どうしても慎重になってしまい、周囲にワンテンポ遅れてしまいがちです。リスク回避を思えば慎重になることは悪いことではありませんが、石橋が壊れるほど叩いてから動くのは避けたほうが無難です。ところが2021年後半は、刺激が得られる楽しい下半期に。好奇心がくすぐられるような出来事が、次から次へと起こりそうな暗示です。新しい人たちとのコミュニケーションの輪も広がっていくため、恋も人間関係も嬉しい発展がありそう。10月の恋はホンモノだと言えます。もしも結婚を意識しているなら、この付近で決めるのが理想的。2月の仕事運はかなり低迷状態。ジタバタせずにやるべきことをこなしたら、さっさと遊びましょう。リフレッシュして力を蓄えて。

脇田尚揮先生が占う2021年星座占いまとめ

2020年12月22日にグレート・コンジャンクションが起こり、2021年の始まりは波乱含みかも。水瓶座に幸運の星・木星と試練の星・土星の影響の双方があり、思いつきやアイディアの正しさを精査することがテーマになってきます。恋愛においては、誰か一人に対して執着するよりも幅広く友愛的な関係をつくるほうが、結果的には良いものになるでしょう。しかし、5月に入れば、木星は魚座へ移行。グレート・コンジャンクションの影響もややマイルドなものになるでしょう。そして7月末には、再び木星は水瓶座へ。精神性の豊かさが2021年を幸せなものにできるかどうかのキーワードになりそう。利他的な精神を忘れずにいられれば、結果的に幸運がもたらされるはずです。
ぜひ2021年を、あなたらしくハッピーに過ごしてみてくださいね。

2021年の運勢はこちら

監修者紹介

鏡リュウジ(かがみりゅうじ)の写真

脇田尚揮(わきた なおき)

占術 : アニミズム占星術

占いを用いて、多くの企業のコンサルタントとして顧問や取締役を務める。また、ホロスコープ鑑定士、メンタル心理ヘルスカウンセラーとして占い・心理学のロジックを活用し、大学・会社の開運デザイナーとしても活動する。TV・セミナーにも出演しており、著書には『生まれた日はすべてを知っている』等がある。

この記事をシェア

2021年の運勢
2021年の運勢はこちら

この記事の関連コラム

SATORIトップ