小倉の母「辛口鑑定」

小倉の母「辛口鑑定」

お気に入り

宮川房左寶のプレミア占い

宮川房左寶のゴールド会員限定占い

宮川房左寶の人気のプレミア占い

占い師・占術紹介

宮川房左寶のイメージ写真
占い師

宮川房左寶

小倉(福岡県北九州市)で50年以上の鑑定歴を持つ実力派占い師。 関東で一大勢力を誇る占い館、紫晃館(しこうかん)の設立者である紫寶珠(しほうじゅ)に師事。関東各地で過酷(かこく)な修行を重ねた後、「リバーウォーク北九州」に鑑定所を出店。地域に根差した活動を行い「小倉の母」の名で知られている。 使用占術は手相、姓名判断、タロット、九星気学など多岐に渡るが、中でも算命学での鑑定には定評があり、その確かな的中率から来訪客が後を絶たない。 また身体に関する鑑定ができる事でも有名。病院では治療が難しいとされた病を占いによって回復に導いた経験もあり、九州の占い関係者の間で広く知られている。
続きを読む
宮川流算命学のイメージアイコン
占術

宮川流算命学

算命学は3000年以上前に古代中国で生まれた学問で、陰陽五行説を基本とした予知学です。人は宇宙の縮図であるという考えのもと、自然界、つまり宇宙の法則を人間に当てはめてその人の持つ宿命を予測していくというものです。 予測していくうえで、その人の性格を司る十大主星、その人が人生で辿る道のりを示す十二大従星を生年月日から割り出し、それを「人体星図」という人体図の各部位に当てはめる事で、その人の本質と宿命を探っていきます。 また算命学において、命式を見る事で分かるのは「宿命」、つまり天から与えられた使命であり、「運命」とは宿命を果たすために辿る道筋であるとされています。つまり目的地(宿命)に向かってさえいれば、本人の努力次第でどんな道(運命)でも辿る事ができるのです。だからこそ人生に迷った時に、算命学で己の宿命を知る事が、そしてそこへ続く運命を知る事が、文字通りの道しるべとなるのです。
続きを読む