松村潔◆全惑星占術【本音解明⇒魂レベルで恋縁叶う】51.428度の奇跡

松村潔◆全惑星占術【本音解明⇒魂レベルで恋縁叶う】51.428度の奇跡

お気に入り

松村潔【全惑星占星術】のプレミア占い

松村潔【全惑星占星術】のゴールド会員限定占い

松村潔【全惑星占星術】の人気のプレミア占い

占い師・占術紹介

松村潔【全惑星占星術】のイメージ写真
占い師

松村潔【全惑星占星術】

1953年生まれ。 占星術、タロットカード、絵画分析、禅の十牛図、スーフィのエニアグラム図形などの研究家。タロットカードについては、現代的な応用を考えており、タロットの専門書も多い。参加者がタロットカードをお絵かきするという講座もこれまで30年以上展開してきた。タロットカードは、人の意識を発達させる性質があり、仏教の十牛図の西欧版という姿勢から、活動を展開している。 『【業界震撼】星占いの常識を覆すガリレオ理論◆松村潔◆地動説占星術』においては、ヘリオセントリック占星術を基盤に恒星などの要素も取り入れつつ、太陽視点からの占術解釈に挑み、西洋占星術の分野において、大きな話題となった。
続きを読む
全惑星占星術のイメージアイコン
占術

全惑星占星術

これまで恋占いをしていて、「あなたは●●座だから○○な人ですね」とか「あなたとあの人の惑星のアスペクトは▲度だから、相性が良い(または悪い)ですね」といった結果を与えられ、当たらないように感じたり、満足できなかったりしたことはありませんか? 思うに、そこには2つの要因があるようです。 1つ目は、惑星のアスペクトは2人の相性の良し悪しを見るもの、という前提のもと、たとえば90度は最悪、120度は親密、といった具合に、短絡的な解釈が行われてきたこと。これは大きな間違いで、私に言わせれば、そもそも、アスペクトは相性の良し悪しを見るものではありません。アスペクトは、1つの天体だけでは読み取ることができない、より広く深いものを読み解くもの。そして、全惑星意識に戻るための梯子であり、綱であり、それは結晶の一部であり、たくさんつらなるほど、だんだんと総合的な意識へと近づく架け橋になっていきます。 2つ目は、惑星同士の組み合わせが占うテーマに合っていないうえに、いわゆるメジャーアスペクトのみの解釈で、答えを出してきたこと。アスペクトによる恋占いを多角的な視点から考えるなら、51.428度をはじめとするマイナーアスペクトも含め、全惑星・10天体のアスペクトを網羅するのが本筋でしょう。 数あるアスペクトのなかでも、51.428度は一般に注目されていないマイナーアスペクトでありながら「奇跡のアスペクト」と呼ばれ、特にその人の願望成就において重要な意味を持っています。 51.428度は円の7分割であり、けっして割り切ることのできない数字。ですから、この角度には、物事をつき動かし、あおり、追い求める動きがあります。それはどうしても実現したいものであり、そこに向かって、憑かれたように走っていくもの。ですから、恋や結婚、人生において、奇跡を起こしたい、願望を成就させたいという場合は、この51.428度をモノにする必要があるでしょう。 ここでは、占う人の惑星の位置と重要な惑星のトランシットの角度が51.428度になるタイミングを算出し、あなたの運命のターニングポイントを、具体的かつ的確に言い当てましょう。
続きを読む