魂伝師・川井春水「荘厳契密法」

魂伝師・川井春水「荘厳契密法」

お気に入り

川井春水【魂伝師】のプレミア占い

川井春水【魂伝師】のゴールド会員限定占い

川井春水【魂伝師】の人気のプレミア占い

占い師・占術紹介

川井春水【魂伝師】のイメージ写真
占い師

川井春水【魂伝師】

広島県生まれ。松浦一族の直系の末裔。幼少の頃に2度の臨死体験後、父親の教育方針によって留学のため母と共に渡米。アメリカ滞在中の22歳の時、ご真言の啓示を受け、脳裏に浮かんだ風景を頼りに辿り着いた日本の某地方の山中にあるお寺で、終生の師となる人物と出会い、弟子入りを許されて入山。以後定期的に来日し、約30年にわたる厳しい修行を重ね、密教者としての能力を身に付けていく。 アメリカではFBIへの捜査協力によりシャロン・テート惨殺事件、ヨセミテ国立公園行方不明少年捜索事件などを解決した実績があり、マスコミに取り上げられた事から多くの人々が相談に訪れた。相談者の中には日本企業の関係者も多く、その人たちを通じて日本でも噂になり、頻繁に日本に呼ばれ、悩みの相談に乗っているうちにアメリカにはほとんど帰れなくなり、その後は東京にオフィスを構え、荘厳契密法(そうごんきんみつほう)の魂伝師として活動を本格的に開始。現在は日本、アメリカのみならず世界中を飛び回り、困っている人々、苦しんでいる人々の魂の救済にあたっている。信奉者は、スポーツ選手や芸能人のみならず、政財界やお寺の住職など多岐にわたり、某大手企業においては川井春水のアドバイスにより一部上場を果たした。 川井春水は霊視能力だけでなく、彼女が修めた密教に伝わる根本教典に書かれている荘厳契密法を使い、将来の予測、経営・人事の相談等、様々な相談に対し的確なアドバイスを与え、国際的に活躍し確実に実績をあげている。
続きを読む
荘厳契密法のイメージアイコン
占術

荘厳契密法

荘厳契密法とは、「九頭猿水」という密教の僧侶が八百年以上も前に体系化した、物事の名前や名称に着目した姓名占いで、画数ではなく音読みを重要視している数霊に重きを置いた占術です。第一の特徴としては、「名前や名称」を呼んだ時の、音が人の意識に影響を与える事に着目している点で、言霊と違うのは、基本的に話し言葉を占う事はせず、あくまでも人が人に授けた名前や名称に限定している点にあります。第二の特徴としては、名前や名称を呼ぶ=意識に働きかける事から、通常の画数で見る姓名判断のような理論化されたものとは異なり、より生々しい占いである点。運気に良い悪いはなく、運の強弱があり、それが自分自身の名前や名称や他者、その他あらゆる物事の名前や名称との関係等を診断する事ができます。また、導き出された「姓名」と「生年月日」の強運数を東洋の暦や方位、陰陽五行と組み合わせる事で、より意味を深める事ができる門外不出の占術です。
続きを読む