運命の人に出会うサインや前兆とは?運命の人に会うタイミングも
恋愛・結婚
2019.10.15

運命の人に出会うサインや前兆とは?運命の人に会うタイミングも

一生のうちに、運命の人と出会う確率はほんのわずかです。しかし、運命の人と出会うサインや、前兆にはさまざまなパターンがあります。どのような時期に運命の人と出会えるのか?また、運命の人の特徴は?といった点を解説します。

いつかは運命の人と出会うのかも

運命の人と出会うときは、「理想的な人に出会いたい!」という強い気持ちが影響して、さまざまなサインや前兆があらわれます。

実際に、運命の人かどうかを判断するのは自分次第ですが、サインや前兆を知らなければ、出会いたかった運命の人が目のまえに現れても気がつかないかもしれません。そこで、実際に運命の人と出会うまえのサインについて見ていきましょう。

運命の人に会うときサインがある?

運命の人と出会うとき、何かしらの前兆や予兆があります。これらの前触れをうまく感じとれるかどうかが、大きなポイントになるでしょう。

もし、何かしらサインや前兆を感じたら、心のなかで「運命の人と出会いたい」と念じてみましょう。

そして、実際に出会った人物が本当に「運命の人」かどうかをしっかり見極めることも重要なカギとなります。

運命の人に出会う前兆やサイン

では、運命の人に出会うときの前兆とは一体どのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

それぞれの根拠も含めて解説していきます。

恋愛以外のことに興味が湧く

もし、あなたがいま恋愛に対して興味がなくなってきているとしたら、それはまさに運命の人との出会いを予期している可能性があります。

今までの恋愛を一度リセットした状態を意味しているため、新しい出会いのための抑止力が働いているともいえるのです。

一方で、恋愛への興味が薄れていくにつれて、恋愛以外の仕事や趣味といった分野に対する興味が大きくなります。

仕事や趣味に没頭しているあいだに、ふと目の前に現れた人が運命の人だったということも多いのです。

運命の人とは自然と出会い、いつのまにかお互い惹かれあうようになっていたという事実も多くあります。

環境がガラリと変わる

生活環境が大きく変わるときは、運命の人との出会いがまもなくある前兆だといえます。

「環境が変わる」とは、大きな別れや引っ越しなど自分の生活スタイルが劇的に変わることを意味しており、その半面、新しい出会いも増えていきます。

つまり、新しい出会いが増えれば、運命の人と出会える確率も高くなるのです。

もし大きな環境の変化もなく、運命の人と出会った場合は、運命の人に引き寄せられた可能性も考えられます。

偶然が重なる

自分でも不思議なほど偶然が重なるときは、運命の人が現れる可能性も高くなります。

たとえば、同じ人と何度もすれ違う、同じ場所で何度も出会う、というときは何らかのサインかもしれません。

運命の人とはもともとお互いに「出会いたい」という強い気持ちが引き寄せられて、出会うものです。

何度か立てつづけに偶然が重なる出来事がつづいた場合は、まもなく運命の人と出会えると予期しておいてもよいかもしれません。

どんなタイミングで運命の人に出会うの?

では実際に、どのようなタイミングで運命の人と出会えるのでしょうか?

自分では無意識のうちに運命の人と出会うように思えますが、実はきちんとしたタイミングのうえで出会っているのです。

運命の人と出会えるタイミングを見逃すことなく、しっかりと見極めていきましょう。

心に余裕があるとき

運命の人と、タイミングを逃すことなく出会えている人の特徴として、「心に余裕がある」人ということが挙げられます。

というのも、常日頃から「出会いたい!」と思っていても、出会いに執着しすぎては、案外出会わないものです。それに加えて、余計な雑念もはいってきます。

どうしても理想の相手に出会いたいという気持ちが大きくなり、理想が高くなりすぎてしまうことがあるのです。

そうならないためにも、日頃から穏やかな気持ちで過ごすことが、運命の人と出会える近道だといえるでしょう。

自らアクションを起こしたとき

良い出会いを求めていても、自らが何も行動していなければ、出会うものも出会えません。

たとえ、身近に運命の人がいたとしても、常に部屋のなかに閉じこもり、行動しなければ、現状は何も変わらないでしょう。

まずは、多くの人と出会うためにも、思い切って行動することが大切です。

自分が行動することで、いろいろな人との出会いも増えるため、結果的に運命の人と出会う可能性が高まります。

ただ、待っているだけでは運命の人とは出会えませんので、何かしらの行動を起こしていきましょう。

イメチェンした後

たとえば、付き合っていた人と別れたり、片思いをしていた人に告白をして振られたりした場合、思い切って「自分磨き」をしたとします。

そうすると今までの自分とは違う自分になりたいという思いが強くなり、「新たに外へ目を向けている」ということになるのです。

つまり、イメチェンをした後は新しい自分と出会え、さらに外に目を向けている分、人との出会いも増えるため、自然と運命の人と出会うチャンスも増えます。

運命の人の特徴は?

実は、運命の人にもいくつか特徴があるのです。性格的なものや外見といったものではなく、運命の人が本来もつ特徴をご紹介します。

一緒にいて楽しい

一つめの特徴は「一緒にいるだけで楽しい人」です。運命の人の考え方に共感できたり、初めて会ったときから何か通じるものがあったり、会話が弾んだりと、共通点が見えてくるでしょう。

会話が弾むということは「お互いの価値観が似ている」ということにつながります。そういった相手とは、ストレスなく意思の疎通が可能です。

他人同士が、初めて会って価値観が似ているなんてことはなかなかありません。さらに共感できる点が多々ある場合は、運命の人である可能性も高くなります。

無理や妥協を感じない

二つめは、「無理や妥協を感じない人」です。自分も含めて、お互いが素のままの自分でいられる相手なら、運命の人だと思って良いのではないでしょうか。「相手と一緒にいるときは飾らずに、いつも自然体でいられる」「偽りなくなんでもさらけ出すことができる」といった気持ちになれるなら、間違いないでしょう。

自分だけでなく、相手も同じ気持ちでいてくれたら、ほぼ運命の人だといえるのではないでしょうか。

ときには無理して相手に合わせたり、食の好みや趣味が合わなくても妥協してしまったり、といったことがあれば、いずれ心身ともに疲弊してしまいます。

そうならないためにも、いさぎよく初対面から素の自分をだしていくことで、相手も気を使うことなく、さらけだしてくれるかもしれません。

少しでも疲れるなら運命の人ではない?

三つめは、「一緒にいて心から安心できたり、一緒にいるだけで落ち着いたりできる人」なら、その人は運命の人の可能性が高いでしょう。

ただし、最初に会った時点では決めつけるのは禁物です。お互いに相手に気に入ってもらおうと振る舞うため、素の自分がでていない可能性も考えられます。

たとえ「一緒にいると落ち着く」と感じられたとしても、あくまで一時的なものであったと後々、後悔することにつながりかねません。

お互いを深く知るためにも、ある程度の時間はかけて、見極めていくことが大切です。瞬時に「運命の人だ!」と思い込み、相手にそれを押し付けてしまうと、かえって裏目にでます。

自分の幸せを一番に考え、運命の人に出会うためにもしっかりと相手を観察していきましょう。

まとめ

運命の人は、案外身近にいるものだといわれています。

しかし、待っているだけではいつまでたっても、運命の人とは出会えません。自分にピッタリの人と出会うためにも、自ら行動を起こしていくことが大切です。

「一刻も早く、自分の運命の人を知りたい!」という人は、「SATORI占い」に相談してみませんか?あなたが理想とする本当の運命の人がわかるかもしれません。

運命の相手の相談ができる占い師

もっと見る

あなたにおすすめの記事