セックスレスの夫婦は40代なら当たり前?その理由には深いワケが
恋愛・結婚
2019.10.15

セックスレスの夫婦は40代なら当たり前?その理由には深いワケが

セックスレスで悩む夫婦は多いものですが、年代によってその理由に違いがあるのです。40代を迎えた夫婦がセックスレスに陥る原因や二次的なデメリットに加え、よい夫婦関係を継続する秘訣について詳しく解説します。

40代夫婦がセックスレスになる理由

特に何のきっかけがあったわけでもなく、「気が付いたらセックスレスだった」という話をよく耳にします。40代になった夫と妻、それぞれの心と体に起こる変化について見ていきましょう。

6割以上がセックスレス

2016年に日本家族計画協会が行った調査結果によると、16~49歳の夫婦のうち、『47.2%がセックスレス』だということです。そのほか、過去に行われた調査から推定すると、40代のセックスレス夫婦の割合は『60%に上る』といえます。

それをお互いに自然と受け入れ、不仲の原因となっていなならば問題はありません。ただ、どちらか一方がセックスがないことに不満を感じている場合、夫婦関係に大きな悪影響を与える危険も考えられるでしょう。

妻が夫から拒否される場合がある

40代に入ると、多くの女性は子どもが手を離れ、再び自分に意識が向き始めます。「出産後はまったくその気になれなかったのに、40代に入ってから性欲が増してきた」という女性は少なくありません。

しかし、妻がロマンチックな関係を望む一方で、夫が妻を女性として見られなくなってしまっていることもあります。男性とは、長く連れ添った女性に性的な魅力を感じにくい生き物なのです。

女性とは違い、興奮しなければセックスができないため、応えたい気持ちがあっても応えられないこともあるでしょう。

男性は40代から性欲が減る

男性は40代に入ると、自分でも分かるほど体力が落ちます。同時に、性的機能の衰えを感じてくる人もいるでしょう。これは男性の『更年期』の始まりともいえる現象で、遅かれ早かれ誰にでも訪れるものなのです。

性欲をコントロールしているのは、『テストステロン』という男性ホルモンです。分泌のピークは20歳前後で、その後は徐々に低下していきます。

すると、性的機能が衰えるだけではなく、筋肉や骨にも影響を与え、気持ちの面でも意欲が薄れてしまうのです。男性がセックスレスに陥るのは、こうしたホルモンの影響も考えられるでしょう。

セックスレスのデメリット

セックスレスの悪影響は、性欲が発散されないといった直接的なことだけに留まりません。男性も女性も、思わぬところでデメリットを被ることがあるのです。

男性は生活に影響が出る

セックスがもたらすのは、その場の快楽だけではありません。心の底から満たされるセックスをすると、日常のあらゆる面においてよい影響を与えることが知られています。

男性ならば、満足いく夜を過ごしてしばらくは「仕事にやる気が出た」「毎日張り合いがある」「よく眠れる」といった前向きな生活を送れるようになるでしょう。

逆に、不満を持ちつつセックスレスを放置しておくと、精力とともに気力も失われていきかねません。

女性は乳がんの発見が遅くなる可能性も

加齢とともに『乳がん』になるリスクも高まってきます。乳がんは定期的な検査や自分で発見したという場合もあるのですが、中には夫が異変に気付いて、早期発見につながったケースもよく見受けられます。

気を付けていない限り、自分で胸を細かくチェックすることはそう多くないでしょう。普段から夫と仲良くしていると、小さな変化にも気付いてもらいやすいのかもしれません。

セックスレスになっていると、自分の体を外側から見てもらう機会が少なくなります。言い換えれば、乳がんに気付くのが遅れる可能性が高まってしまうのです。

不倫する確率が高くなる

セックスレスであることに、どちらか一方が不満を抱いている場合、発散されない性欲が『不倫』へのハードルを取り払ってしまうリスクも考えられます。

誘いを拒まれた側は、気持ちの上でも不安定になりがちです。お互いに求めあえる幸福感を忘れられず、外に相手を作ってしまうこともあるでしょう。

セックスレスにならないためには

何年もセックスレスになってしまうと、元の関係に戻すのが困難になります。「アレ?」と思ったら、できるだけ早いうちに手を打ちましょう。

プレッシャーを感じさせない

男性の体は、女性が思っているよりずっとデリケートなものです。妻の何気ないひと言で、身体的にも大きなダメージを受けかねません。特に、夜の営みに関することで夫を責めるような発言をするのは避けましょう。

普段の生活の中でも、仕事で悩んでいるようなら負担を軽くしてあげるよう心がけることが大切です。妻の優しさを感じると、安心感からあらゆる自信を取り戻せるでしょう。

スキンシップを積極的に行う

『スキンシップ』で夫婦間のコミュニケーションを図りましょう。普段の生活で体に触れるというのは、親密な間柄でなければできません。たとえ言葉にしなくても、そっと相手に触れるだけで愛情を伝えることはできるのです。

男性は女性からキスをされると、ときめく傾向にあるようです。キスが恥ずかしければ、くつろいでいる時間にさりげなく手をつなぐだけでも構いません。

まとめ

40代に入ると、多くの男性は性的機能が衰え始めます。しかし、それだけがセックスレスの原因とは言い切れません。セックスレスは不仲の原因になるだけではなく、心身へ悪影響を与えることもあるのです。

もし、「セックスレスになりたくない」と思っているのならば、普段のスキンシップで愛を伝えてみませんか?愛されているという実感が、セックスへの自信を取り戻すきっかけになるでしょう。

関連記事

あなたにおすすめの記事