社内恋愛で別れたらどうするべき?起こりがちなトラブルを紹介
恋愛・結婚
2019.10.15

社内恋愛で別れたらどうするべき?起こりがちなトラブルを紹介

社内恋愛で結ばれた相手と別れた場合は、社内恋愛特有のさまざまなトラブルが発生する可能性があります。共有している時間が長く、同じ空間にいるパターンが多い社内恋愛で別れた際に起こりがちなトラブルや解決策を紹介します。

別れたために起こりがちなトラブル

社内恋愛で付き合った相手と別れた後は、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。考え得るトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか?

相手に嫉妬してしまう

相手が異性と一緒に仕事をする機会の多い職場であれば、別れた相手に嫉妬してしまうことを覚悟しておく必要があるでしょう。

相手に対する気持ちが完全になくなって別れたとしても、一度付き合った相手が異性と仲良くしている状況は何かと意識してしまうものです。別れた後でもまだ未練がある状態なら、相手が異性と同じ空間にいるだけでも嫉妬してしまうかもしれません。

別れた相手が異性と仲良くしていることに意識が傾きすぎて、本来の仕事がおろそかになってしまっては、本末転倒といわれてもしょうがありません。嫉妬心の強い人は社内恋愛に不向きともいえるでしょう。

よからぬ噂が立つ恐れがある

どんな恋でも、よい形で円満に2人の関係が終わりを迎えられるとは限りません。別れ方によっては、自分や相手が辛い思いをし続けてしまう可能性もあります。

例えば、相手がほかの社員に2人の嫌なエピソードを話したり、付き合っていなければ知り得ないプライベートな部分を語られたりする可能性もあるでしょう。別れた相手の悪意により話に脚色が加わり、よからぬ噂が立つ恐れもあります。

最悪の場合、会社に居られなくなるほどの状況になってしまうこともあるかもしれません。周りの社員たちにさまざまな影響を及ぼすことも意識しながら、社内恋愛を考える必要があるでしょう。

相手の新たな恋人を目撃する場合がある

働いている人にとって1日の大半を過ごすことになる職場は、必然的に出会いの多い空間でもあり、別れた相手が同じ職場の異性と付き合うことも十分に考えられます。

社内恋愛はメリットが多い反面、別れた後のデメリットも多い側面があります。しかし、一度社内恋愛を経験し、職場内で異性と付き合うことに抵抗がなくなった場合、人によっては次の相手を社内に求めるケースも増えてくるでしょう。

別れた相手が職場内で別の異性と付き合っているのを見聞きすることは、たとえ好きな感情がなくなっていたとしても、気分がよいものではありません。

元彼女として、周りの目も当然のように気になり、会社に通うこと自体が苦痛になる可能性も考えられるでしょう。

別れた直後に傷付かない方法

社内恋愛で付き合った相手と別れた直後は、お互いに少なからず傷付いてしまうことも多いでしょう。自分や相手が傷付かないようにする方法を紹介します。

価値観のズレを別れの理由にする

自分の気持ちが盛り上がっている状態で相手から別れを切り出された場合は、愛情の薄れなど相手の気持ちの変化を理由として考えてしまうと、受けるダメージが余計に広がってしまう可能性があります。

これまでの相手とのやり取りを思い出し、『結婚・仕事・子どもなどに対する価値観が合わなかったから仕方がない』と、自分自身を納得させるように考えれば、受けるダメージをより減らせるでしょう。

取り乱さないように努力する

相手から別れを切り出されるケースは、心構えができていないことが多いため、相手に別れを告げるケースより辛く悲しいことが多いでしょう。しかし、感情的になったり取り乱したりせず、少なくともその場は冷静に対処しましょう。

辛い気持ちは信頼できる友人などに聞いてもらい、徐々に解消できるよう努めることが大切です。相談したり愚痴を聞いてもらったりする相手は、会社の人や別れた相手に関係のない人を選ぶようにしましょう。

社内恋愛からの別れなので、会社の中で相手をよく知る人に話した方が、悲しさや寂しさを分かってもらいやすいともいえます。

しかし、後々あらぬ噂が立ったりお互いの処遇に響いたりする可能性もあるため、社内で愚痴を言うのは極力避けた方が無難でしょう。

新しい恋人ができても秘密にする

社内恋愛の相手と別れた後は、新しい恋人ができてもしばらくの間は、社内でそのことを話題にしないようにしましょう。破局から少なくとも半年間、社内ではおとなしく過ごすことが重要です。

前の相手と別れたことは、遅かれ早かれ社内で話題になります。次の恋が社内で噂になるようでは、たとえ相手が社外の男性でも、仕事に支障をきたすことにもなりかねません。

また、次の相手はできるだけ社外で探すようにしましょう。元彼に対する最低限のマナーであるとともに、先々また破局を迎えた場合の影響も大きく、よほどメンタルが強くなければ連続での社内恋愛はおすすめできません。

別れた後の振る舞いはどうする?

社内恋愛の相手と別れた後、社内でどう振舞ってよいか悩む場合もあるでしょう。別れた後の適切な振る舞い方について知っておきましょう。

仕事に集中する

別れた直後は、相手のことが気になって仕方ない状態になるのも無理はありません。しかし、悩んだり落ち込んだりする時間は無駄だということを自分に言い聞かせ、社内で過ごす間は仕事に集中するようにしましょう。

気持ちだけ切り替えようとすることは難しいため、社内での環境も一変させ、できるだけ仕事に集中できる状況を作る努力をしましょう。相手が視界に入るようであれば見えないようにするなど、できる範囲で工夫することも大切です。

相手のことを忘れるほど仕事に集中できれば生産性も上がり、会社への貢献度や上司からの評価も今まで以上に高くなるはずです。

これらのことを糧にできれば、ますます仕事に打ち込める心理状態が作れるでしょう。

大人として接する

できれば別れた後も、社内では円満な関係を続けることが望ましいでしょう。お互いに、個人的にはいろいろと思うことがあっても、組織の生産性や社会人としてのお互いの評判を落とさないよう、社内ではほかの人と同様に振舞うべきです。

どんな時も礼儀正しく、1人の大人として相手とコミュニケーションをとるようにしましょう。無視したり嫌な態度をとったりすることは、周囲に対して悪影響を与える可能性が非常に高く、2人にとっても会社にとってもデメリットしか生みませんね。

時間や距離をおく

一般的に、人の脳は、嫌なことから忘れていくようにできています。たいていの場合、破局の傷心は時間が癒してくれるものです。何事もできるだけ前向きに考えるよう努力し、とにかく時間が経つのを待つことが一番の解決策ともいえます。

また、社内でも可能な限り相手と距離をおくよう努めましょう。相手がいる場所や行動パターンが分かっていれば、ばったり会うような状況は避けられるはずです。

相手のことを意識しなければならない分辛いかもしれませんが、社内で頻繁に顔を合わせる状況のほうが辛いようなら、できるだけ距離をおくよう努力すべきです。

復縁したいなら

相手から別れを告げられて破局した場合は、諦めきれずに寄りを戻したいと思うこともあるでしょう。振られた相手と復縁するための方法を紹介します。

冷却期間を設ける

復縁を目指す場合は、自分からプライベートな連絡をとらない期間を最低半年間は持ちましょう。「人は時間をおくことで、相手の悪い部分を忘れ、よい部分だけを記憶に残すようになる」という心理を利用した方法です。

この方法は、一方的に振られた場合や、相手の心が離れてしまった場合に有効です。しかし、自分から連絡しないという気持ちを強く持ち続ける必要があります。もちろん、相手からよりを戻したいというアプローチがあれば、喜んで応じましょう。

自分を磨く時間を作る

復縁しやすくするために自分から半年間は連絡を取らないというルールを定めた場合は、半年間は我慢が必要な辛い日々を送ることにもなりかねません。

連絡が取れない半年間を復縁に向けて有意義な期間にするため、自分磨きの期間にあててみましょう。見た目がよくなる努力をしたり、ほかの男性と会う機会を設けたりして、女性としての質を高めれば、復縁できる可能性も大きく高まるはずです。

別れた後もお互いに同じ職場で働く場合は、半年間も会わずに過ごすことが難しいかもしれませんが、できるだけ気配を消し、相手にとって自分が何をしているのか分からないような状況を作りましょう。

まとめ

社内恋愛で別れた相手とは、さまざまなトラブルが想定できます。お互いができるだけ傷付かないよう、また会社に迷惑をかけないような振る舞いを心掛けることが大切です。

社内恋愛で別れた相手と復縁したい場合は、占い師に恋の行方を占ってもらう方法もあります。当たると評判の『SATORI電話占い』に在籍する占い師に相談してみましょう。

関連記事

あなたにおすすめの記事