年下彼氏に結婚意識を持ってもらうには?効果的なアピールと注意点
恋愛・結婚
2019.9.5

年下彼氏に結婚意識を持ってもらうには?効果的なアピールと注意点

そろそろ結婚がしたいと思っても、『年下彼氏が結婚意識を持ってくれずに悩んでいる』という人は多いのではないでしょうか。年下彼氏に結婚を意識させるポイントを知り、念願の結婚を実現させましょう。覚えておきたい注意点も紹介します。

年下彼氏が結婚を意識する瞬間

年下彼氏が結婚を意識するのはいったいどんな瞬間なのでしょうか。具体的なシチュエーションを三つ確認していきましょう。

年上彼女の年齢を考えた時

年上彼女の年齢について改めて考えたとき、自然と結婚を意識する年下彼氏は少なくありません。

女性の出産年齢についての知識も広がっており、「結婚や妊娠をあまり先延ばしにするのは望ましいことではない」と考える男性も増えつつあります。彼女が年上だった場合、その意識はより一層高まるでしょう。

特に、年上彼女が『30歳』『35歳』といった節目の年齢を迎えるタイミングは、年下彼氏にとって結婚を強く考えさせられる瞬間といえるでしょう。

友人などの結婚式に出席した時

『友人などの結婚式に出席する』というのも、年下彼氏が結婚を意識する瞬間の一つです。

結婚式を挙げた友人が親しい人物であればあるほど、その幸せな姿に感銘を受けた彼が、結婚についてポジティブに考え始める可能性は高まるでしょう。

しかし、彼が感じた『うらやましさ』や『憧れ』は、時間の経過とともに薄れていくものでもあります。具体的な行動につなげるには、その感情を言語化させる必要があるでしょう。

結婚式の感想をそれとなく聞き出して、彼の気持ちに寄り添ってみるのがおすすめです。彼の中で、あなたとの幸せな未来のイメージがどんどん膨らんでいくことでしょう。

記念日などイベント時

『記念日などのイベント時』をきっかけに、結婚を意識する年下彼氏も多いでしょう。

お互いの誕生日やクリスマス・バレンタインなどのイベントというのは、2人でいられることへの幸せを素直に実感するのにもってこいの機会です。

「この人と出会えてよかった」「これからもずっと一緒にいたい」という感情が、2人の関係を目に見える形に変える『結婚』に向かうのは自然なことといえるでしょう。

結婚はまだ考えない?意識させる方法とは

なかなか結婚を意識しない年下彼氏に、彼女の立場からできる効果的なアプローチにはどのようなものがあるのでしょうか。おすすめのものを三つ紹介します。

将来設計を早めに話す

自分から結婚を意識する可能性が低い年下彼氏に対しては、できるだけ早い段階で『結婚』『出産』を含むあなたの将来設計を伝えるのがおすすめです。

彼があなたとのことを真剣に考えているのであれば、できるだけあなたの希望を叶えてあげたいと思うでしょう。あなたの現在の年齢をもとに、いつまでにどんな行動を起こすべきなのかを具体的に考えてくれるはずです。

真剣に伝えたにもかかわらず反応が鈍いようであれば、そもそも彼が生涯を共にするパートナーとしてふさわしい人物なのかどうかについて、じっくり振り返ってみた方がよさそうです。

胃袋をつかむなど家庭的な面をアピール

男女の役割が大きく変わりつつある現代にあっても、「結婚する女性には家庭的であってほしい」と望む男性は多いものです。

特に、年上の女性に魅力を感じる男性の場合、『料理』や『掃除』を始めとする家事能力が高く、母性を感じさせるような女性を結婚相手に選ぶ傾向があるでしょう。

そんな彼へのアピール法は、やはりおいしい手料理で『胃袋をつかむ』のが効果的です。「この人と暮らせたら幸せだな」と思わせられるよう、彼にとって快適な環境を作り上げていきましょう。

周りを味方につけるのもポイント

『周りを味方につける』というのも、彼に結婚を意識させるアプローチとして非常におすすめの方法です。

具体的には、彼と共通の友人・知人の力を借りて、結婚のメリットやあなたの魅力をことあるごとに彼にアピールしてもらいましょう。

可能であれば、彼の家族の協力を仰ぎ「そろそろ結婚したら?」と背中を押してもらうのも有効です。さりげなく敷かれた包囲網は、自然な形で彼の意識を結婚へと向けてくれるでしょう。

結婚を遠ざける注意点

年下彼氏との結婚を熱望するあまり、ついつい地雷を踏んでしまう女性は少なくありません。幸せな結婚を実現するため、避けるべき注意点をチェックしておきましょう。

年齢差を気にしすぎないこと

年下彼氏との交際の中で、ついつい年齢差が気になってしまうこともあるでしょう。

しかし、それを彼に気付かれるのはNGです。彼の性格によっては、あなたを悩ませたくないと思うばかりに別れを選んでしまうこともあるでしょう。

また、彼との年齢差から自虐的な面や卑屈な面が目立ってくると、「重い」と判断されて彼の心が離れてしまう可能性も考えられます。

彼との年齢差にばかり心をとらわれず、年上彼女ならではの魅力をアピールしていきましょう。

まとめ

年下彼氏との交際の中で、結婚に対する温度差に頭を悩ませている年上彼女は多いものです。

年上彼女の年齢を考えたり、友人の結婚式に出席したりをきっかけに自分から結婚について考え始める年下彼氏もいますが、残念ながら全員がそうとは限りません。

年下彼氏に結婚を意識させるアプローチとしては、『将来設計を早めに話す』『周りを味方につける』などの方法が有効です。

年齢差を気にしすぎることなく、2人で手と手を取り合って最高のゴールインを目指しましょう。

関連記事

結婚の相談ができる占い師

もっと見る

あなたにおすすめの記事