ソウルメイトの見分け方とは?特徴やツインソウルとの見極め方も紹介
電話占い
2019.6.6

ソウルメイトの見分け方とは?特徴やツインソウルとの見極め方も紹介

「自分のソウルメイトに出会いたい」「あの人はソウルメイトなの?」そんなときに気になるのが『ソウルメイトの見分け方』です。ソウルメイトを見分ける具体的な方法からツインソウルとの違いにいたるまで、詳しく確認していきましょう。

ソウルメイトを見分ける方法

『魂の伴侶』とも呼ばれる『ソウルメイト』は、共に転生を繰り返しながら何度も出会っては学びを深め合う大切な仲間です。

まずは、そんな大切なソウルメイトを見分ける方法を確認していきましょう。

初めて会ったのに懐かしく感じる

初めて出会ったにもかかわらずなぜか懐かしく感じたり、なんともいえない喜びを感じたりしたのなら、その人物はあなたのソウルメイトである可能性が高いでしょう。

そもそもソウルメイトとは、幾度も繰り返される転生の中でお互いの人生に影響を与え合う同志ともいうべき存在です。今回の人生で初めて会ったとき、再会できたことへの懐かしさや喜びを感じるのは自然なことでしょう。

ただし、ソウルメイトに出会ったら必ずそのような感覚を覚えるというわけではありません。

ソウルメイトとの関係性は、『夫婦』『親友』『恋人』『ライバル』など人生ごとに変わります。お互いの関わり方によっては、何も気付かずに生涯を終える可能性も十分考えられるのです。

一緒にいることが自然に思える

特に話題がなくても、どんな距離感でも、違和感や不快感なく一緒にいられる人はソウルメイトである可能性が高いといえます。

過去世で何度も出会っているソウルメイトは、お互いについて魂レベルで知り尽くした存在です。一緒にいることがとても自然で、どれだけ長い時間を過ごそうが苦になりません。

この一緒に過ごす時間の独特の心地良さから、ソウルメイトのカップルというのも多く存在しているのです。

直感的に分かることも

霊的に敏感な人の場合、ソウルメイトに出会った瞬間に直感で気付くことがあります。

言語化することがむずかしい、「この人は私の特別な人だ」という不思議な確信は、ソウルメイトに出会えたサインといってよいでしょう。

ソウルメイトと一緒にいるだけで、相手の気持ちが直感で分かる人もいます。これは、魂のパートナーであるソウルメイトだからこそといえるでしょう。

誕生日での見分け方

ソウルメイトを見分ける方法は、感覚的なものばかりではありません。星や数字を介したソウルメイトの見分け方を紹介していきましょう。

星座の属性

星座占いなどで利用される12星座には、『火』『風』『水』『地』の四つの属性があります。四区分に分かれたソウルメイトから、まずは自分の星座の属性を確認してみましょう。

星座の属性が同じ人同士は相性がよく、縁も深いため、ソウルメイトである可能性が高まります。また、同じ属性以外では、『火と風』『水と地』も相性のよい関係です。ぜひ気になる相手と照らし合わせてみましょう。

ソウルナンバーから

生年月日を独自の方法で計算することで割り出される『ソウルナンバー』も、ソウルメイトを見分けるのに役立ちます。

ソウルナンバーの割り出し方はとても簡単で、西暦で書き出した誕生日の数字をすべて足すだけです。

たとえば、1990年10月3日生まれの人の計算式は以下のようになります。

このソウルナンバーが同じ人物が身近にいるのなら、その人はあなたのソウルメイトかもしれません。ソウルナンバーの数が近ければ近いほど、ソウルメイトである可能性も高まります。

ソウルメイトとツインソウルの見分け方

転生を繰り返すなかでお互いの人生に深く影響を与え合うのが『ソウルメイト』であるのに対し、『ツインソウル』は、一つの魂を分け合った自分自身の片割れです。

共に結びつきの強い相手ではありますが、『ソウルメイト』と『ツインソウル』はまったく違う存在です。その見分け方を確認していきましょう。

出会ったタイミングで見分ける

『ソウルメイト』と『ツインソウル』を見分けるうえで、出会ったタイミングはとても重要なポイントです。

まず、ソウルメイトに出会うタイミングは『人生の節目・転機のタイミング』が多いでしょう。

これは、ソウルメイトがお互いの魂の学びのために協力し合う存在だからです。人生の転機をきっかけに現れれば、新たな学びのヒントを与えてくれるでしょう。

一方、ツインソウルに出会うのは、多くの場合『今世での学びが終わったタイミング』です。

学びの仲間であるソウルメイトに対し、自分自身の片割れであるツインソウルは、自分自身を見つめ直し、今世の総決算をするために出会う存在です。その目的ゆえに、年齢や経験を重ねてから出会うことが多いといえるでしょう。

相手への感覚で見分ける

出会ったときの感覚でも、ソウルメイトとツインソウルを見分けることは可能です。

ソウルメイトに出会ったとき、大抵の人は相手を好ましく思います。お互いの人生に学びを与える目的で出会う存在だからこそ、関係を深めるために本能で惹かれ合うのです。

対してツインソウルの場合、出会った瞬間に感じるのは主に相手への『嫌悪』『反発』などのマイナス感情です。これは、本来一つの魂である2人が近付き過ぎて同化してしまうことを避けるための、いわば『魂の防御装置』といえるでしょう。

手の形、ほくろなどで見分ける

見た目の特徴からソウルメイトとツインソウルを見分けるのなら、まずは相手と自分の体の部位によく似た箇所があるかどうかをチェックしてみましょう。

これは、ツインソウル同士が非常によく似た身体的特徴を持つことによるものです。特に、『ほくろの位置が同じ』『手や足などのパーツがとても似ている』ような場合、ツインソウルである可能性は高まります。

一方で、ソウルメイトには目に見える共通する特徴はありません。「なにか特別なものを感じるけれど、これといって似た身体的特徴はない」という場合、相手はツインソウルではなく、ソウルメイトである可能性が高そうです。

ツインソウルには中々会えない

ソウルメイトに比べ、ツインソウルというのは中々出会えない存在です。これは、先述したとおり、ツインソウルとの出会いは人生の総決算の段階になって初めて訪れるものだからです。

そのうえ、ツインソウルが存在するかしないかは人によって違います。そもそも、ツインソウルというのは、幾多の転生のなかですでに高度な学びを終えた魂が、より効率よくたくさんの学びを得るために自分自身を分裂させることで生まれるものです。

ツインソウルに出会う出会わない以前に、存在していることそのものが稀なことといえるでしょう。

ソウルメイトは1人だけ?

『ソウルメイト=恋人』というイメージが先行しているせいか、ソウルメイトはたった1人しか存在しないと考える人は少なくありません。そんな誤解を解消すると共に、ソウルメイトの実態を詳しく紹介します。

複数人いる場合も

人生で出会うソウルメイトは、必ずしも1人きりとは限りません。転生を通して魂を学ぶグループとして、時には複数のソウルメイトが同時に人生に登場することもあるでしょう。

中には、重要ななにかをあなたに与えてたちまち去ってゆくソウルメイトもいます。どれほど短い期間だったとしても、今世でのあなたの学びに欠かせない役割を果たしてくれるのがソウルメイトという存在なのです。

異性とは限らない

「ソウルメイトに出会ったら、たちまち恋に落ちるはず」と考えている人は多いでしょう。しかし、これは誤りです。

ソウルメイトは異性とは限りませんし、たとえ異性だったとしても、恋愛対象とは程遠い姿で現れることもあるからです。

もちろん、中には恋人として学ぶことをテーマに転生してきたソウルメイトもいます。その場合、2人は出会った瞬間に惹かれ合い、見えない力に導かれるように愛し合うことになるでしょう。

まとめ

スピリチュアルについて理解を深めるなかで、「ソウルメイトに出会いたい」と考えるようになる人は少なくありません。

ソウルメイトとは、共に魂の学びを深めるため、幾多の転生を繰り返しながら何度もお互いの人生に登場する魂のことをいいます。

このソウルメイトは、出会ったときの感覚やソウルナンバーなどから見分けられます。あなた自身の魂の片割れであるツインソウルとはまったくの別物なので、間違えないよう注意が必要です。

人生の同士ともいうべきソウルメイトを見つけ出して、今世での学びをより一層深めていきましょう。

おすすめの占い師

ソウルメイトの相談ができる占い師

もっと見る

あなたにおすすめの記事