黄鈴先生インタビュー「10月(神無月)について教えてください」
電話占い
2019.11.15

黄鈴先生インタビュー「10月(神無月)について教えてください」

神無月は10月の異称として有名ですが、実はその期間は毎年異なります。
旧暦神無月を現在の暦(太陽暦)にあてはめると、2019年は【10/28~11/26】までが神無月です。
その由来には諸説ありますが、“神様が不在の月”という説はとても有名ですよね。

SATORI電話占いの占い師の方々に、神無月についてインタビューさせていただきました。

神無月って神様がいなくなるって本当?

いつも休みも無く24時間体制、そうやって守ってくださる神様。なんてありがたいのでしょう。
それこそ無償の愛。

神様は毎年10月に島根県へ出張。
それぞれの得意分野を持ち寄って、サミット状態。
この国をどうしたらいいのか、喧々囂々(けんけんごうごう)。

神様たちも大変です。ご自分たちを愛し敬ってくださる人々を置いて出張しなければならないのですから。まるで、乳飲み子を旦那さんに託して出張にでかけるお母さんのよう。
愛する皆様の幸せのために、島根県へ行かれる神様。一時期その土地を離れたとしても、忙しくても、皆様を忘れることはありません。
神様はわが子のように私たちを愛していらっしゃるのです。

神無月だからこそ起きる!?不思議エピソードを教えてください

10月~11月は地球のエネルギーが大きく動くとき。
だからこそ、体調の変化も起きやすいし、お肌もお疲れになりやすいのでケアがおすすめ。

気分の落ち込みが目立つのもこの時期。
「なんだかわからないけど最近しんどい」
そういう時は無理をせず、お休みしてくださいね。
目に見えない不思議な力が働いて、影響を受けやすい私たちです。

旧暦神無月(10/28~11/26)の過ごし方やアドバイスを教えてください

神様がおそばにいない・・・不安・・心配・・そういうときこそ、普段の生活を見つめるときでもあります。
「現状の反省点を洗い出し、来年の目標と計画を立てて、神様を喜ばせよう」
という心づもりでいれば繁栄を得ることができるのです。

来年はダイエット頑張ろうとか、風邪をひかないように免疫力を上げようとか。
お金を貯めて、好きなものを買おうとか。神無月のうちに決めて、来年はそこに向かって邁進しよう!と決めてみましょう。

そういう姿でもって神様に誇れるようにしたいですよね。
努力は必ずわかってくださり喜ばれますよ。

いかがでしたでしょうか。

旧暦神無月も残りわずかとなりましたが、充実した日々となるように過ごしたいですね。

黄鈴(おうりん)先生は、日常で実践しやすいアドバイスをいただけると評判の先生です。
もっと詳しくお話を聞いてみたいと思われた方は、ぜひお電話で相談してみてくださいね。

 

その他のインタビュー

あなたにおすすめの記事