マナ・カード ハワイの英知の力~魂に響く44枚の真実

マナ・カード ハワイの英知の力~魂に響く44枚の真実

お気に入り

マナ・カードのプレミア占い

マナ・カードのゴールド会員限定占い

マナ・カードの人気のプレミア占い

占い師・占術紹介

マナ・カードのイメージ写真
占い師

マナ・カード

マナ・カードとは癒しの聖地「ハワイ」で生まれた、44枚のカードです。

44枚のカードにはそれぞれハワイ語の名前と意味があり、ハワイの植物や古代からの伝承や、神話の登場人物、プエオやモオなどのアウマクア(守護動物)、ハワイ独自の工芸品などのエッセンスを象徴する絵が美しいイラストで描かれています。またシンボルの一つ一つにはメッセージが隠されていて1枚のカードから様々なインスピレーションを感じ取ることができ、深い洞察が得られます。

また44枚の“4”という数字にも特別な意味が込められており、古代のハワイでも神聖な数字として扱われてきました。
この4という数字はハワイでは基本となる数字で、4を1つの単位として考え「k.una」と呼ばれていました。
ハワイ諸島も主に8つの島からなっていたり、ハワイを守る神もクー、ロノ、カネ、カナロアの4大神と4の倍数からなっています。
マナ・カードも4の倍数の44枚からなっていて、ハワイの神秘の力が込められている特別なカードなのです。

マナ・カードは単なる占いではなく生命エネルギー“マナ”とつながり、自分が最も必要としているメッセージを受け取ることができる唯一のスピリチュアルなカードです。
続きを読む
カードリーディングのイメージアイコン
占術

カードリーディング

意識をへそから指4本分上のところにある太陽神経叢(自律神経のかたまり)におろし、ふたたび息を吸いながら、意識を背骨の一番下から地球の中心に向けておろして行きます。
それから息を吐きながら、意識を太陽神経叢に戻します。
これを4回繰り返してください。

次に、意識を集中して、額の中央が開くようにヴィジュアライズ(視覚化)します。
ハワイでは、額の中央は啓蒙と悟りへの入り口であると言われ、ククイ(kukui)と呼ばれます (スプレッドにあるククイの実と同じ意味と名前を持ちます)。

その日の最初の占いであるなら、より自分の意識を解放し、イメージを高めるためにここでチャントを唱えましょう。チャントとは、ハワイに古代から伝わる祈りの言葉で、マナ・カードの開始の祈りとなります。
画面にあわせて声に出したり、心の中でチャントを唱えてみてください。あなたの意識はより解放され、占いに集中できることでしょう。

チャントとは、ハワイに昔から伝わる神秘の祈りです。
その日初めての占いを始めるときチャントを唱えてみてください。声に出すことができなくても、心の中で唱えるだけでかまいません。
そうすることで、あなたの精神は解放され、占いに集中することで、より正確な結果を導くことができるようになります。

■チャント(開始の祈り)
E ku-ike-olo-walu-e,
I olowaru ka huli i ka makalua a kaua.
I olowaru ke kalo i ola au ka mahi ai,
I ola ka noho hale,
I ola ka ohua
I ola ka ohana,
I ola na malihini kipa mai,
A i ola ia u ia(ka inoa o ka mahi ai).
Amama. Ua noa.

■チャントの意味
おお、クー・イケ・オロ・ワル・エ、
植えつけた穴の中のタロの芽が、大きく育ちますように。
それらが大きく育ち、それを植えた私も長生きしますように、
家の住人が長生きしますように、
従者が長生きしますように、
家族が長生きしますように、
見知らぬ訪問者が長生きしますように、
わたし(植えた者の名前)が長生きしますように。
アーママ。タブーは解き放たれた。
続きを読む
https://amb-uranai.ameba.jp/